ミドリノ

ミニマリストになったら,子どもが増えたのに暮らしはラクになった

ミニマリストでも防災用品だけは必要十分に持つべきだ。

 f:id:mygreenhome:20171107123052p:plain

 

ミニマリストでも防災用品だけは十分に持ちたいと思っています。

子持ちのミニマリストと単身ミニマリストでは所有すべきものが違います(当たり前ですが。)

2011年の東日本大震災の経験から,防災用品の準備だけは怠らないようにしています。

 

この記事では,4人暮らしの防災用品の収納について書いていきます。

 

 

ミニマリストでも防災用品だけは十分に。

ミニマリストは「必要最低限しか持たない」と言われていますね。

私は,家族が安心して快適に暮らせるようなおうちにしたいので,一般的イメージのミニマリストは目指していません。

 

モノを持ちすぎずミニマルな暮らしを心掛けることで,ラクに,そしていざというときは身軽に行動できます。

 

でも,防災用品だけは必要最低限というより,必要十分に持っていたいと思っているのです。

 

地震大国である日本で,家族が安心して暮らしていくためには,防災用品の用意は最重要。

 

子どもがいる家庭は特に重要視してもらいたいのです。

 

 

なぜなら,子どもは大人と違って心や体をコントロールすることができないからです。

 

お腹がすけば,たくさん食べたがるでしょう。

大人は多少我慢できますが,小さい子どもは我慢ができません。

水が残り少なく大切に飲んでほしくても,一気に飲んでしまうこともあるでしょう。

 

自分一人なら何とかなることでも,小さい子どもがいるなら「なんとかなる」ことはありません。

家族を守れるのは,事前にきちんと考えて行動した人だけ。

家族の命を守るのは自分なんです。

 

だから,何度も言いますが防災用品だけは,ミニマルな暮らしをしていたとしても十分に持っておくべきなんです。

 

スポンサーリンク

 

 

我が家の防災用品の収納場所

防災用品の中身はまたいずれ公開するとして,今回は家のどこにどんな防災用品を収納しているのかをご紹介します。

これで準備は完璧というわけではありません。

一般家庭の一例として参考にしていただけたら嬉しいです。

1.防災リュック

何かあったとき,外へ出るためには絶対に靴をはいていくと思うので,靴箱の中に防災リュックを収納しています。

f:id:mygreenhome:20171107115928j:plain

私の方がメインリュック,夫のリュックがサブリュックとして,収納するものをかえています。

 

2.備蓄品

キッチンのシンク下の引き出しには水とアルファ米,レトルトのソースなどを備蓄。

f:id:mygreenhome:20171107114716j:plain

 

床下収納にも水をストックしています。

f:id:mygreenhome:20171107115042j:plain

そろそろ賞味期限が近かったので,新しいモノと入れ替えました。

 

そしてこちらは全然ミニマルではありませんが(笑)

乾物などの食品類,子供のレトルトの離乳食,子供の小袋のおやつなどを入れている,キッチンの背面収納の引き出しです。

f:id:mygreenhome:20171107120709j:plain

 

 

この電子レンジのすぐ下の引き出しです。

f:id:mygreenhome:20171107121934j:plain

我が家には食品の保管庫はないので,この引き出しに入る分を普段からローリングストックしてます。

古いモノから食べ,どんどん新しいものを補充していきます。

このくらいのスペースなら,賞味期限の管理も簡単にできます。

 

3.アウトドアグッズ

フェスやキャンプに行くのが好きだったので,アウトドア用品は一通り持っています。

簡単な調理ができるワンバーナーや,簡易食器,ランタンなどはこちらのボックスに入っています。

f:id:mygreenhome:20171107121234j:plain

ここは玄関の土間収納の一角。

 

アウトドア用品は非常時も活躍してくれそうなので,持っていてよかったと思います。

 

 

また,このほかに,玄関と寝室に懐中電灯,リビングにランタンを置いています。

停電になったときを想定して,定位置を家族全員が把握しています。

 

我が家の防災用品の収納は以上です。

 

おわりに

私は2011年の東日本大震災を関東で経験しました。

当時は一人暮らしをしていました。

自分の身は自分で守ることができましたが,何も防災準備をしていなかったので慌てて懐中電灯などを買いに行った記憶があります。

計画停電のとき,真っ暗な部屋に一人でいるのは本当に心細かったです。

 

そして生まれ育った地元は東北です。

被害が大きかった震源地付近には,震災前に行ったことがあります。

あの時,地震はこんなにも怖いモノなんだ,他人事じゃないんだ。と実感したんです。

 

防災用品だけは,ミニマルじゃなくてもいい。

過剰に用意するべきとは思いませんが,何かあったとき,子供に

「しばらくの間,食べるものと水だけはちゃんとあるから安心してね。」

と言ってあげられるくらいの心の余裕を,自分が持てるように準備しておきたいと思います。

 

 

 本日の記事のお題はこちらでした。 

防災用品のチェック・day32:【100日オーガナイズ・46日目】

100日オーガナイズとは▶「お部屋と思考を整える『100日オーガナイズ』をやってみることにしました。 - ミドリノ

ではまた!