ミドリノイエ

大好きなみどりをアクセントにした2LDKのマイホーム。断捨離、整理収納で暮らしやすい家づくり。

【8日間で完成】黄色い梅とキビ砂糖で作る梅シロップは美味しいかどうかの検証結果

梅シロップが完成しました。今年は6月8日から黄色い梅を漬けはじめました。

なぜ黄色い梅にしたのかはこちらの記事で。

www.greennoie.com

 

さて,8日に漬けた梅は14日に砂糖が完全に溶け切り,エキスが十分に出切ったかわからなかったので,16日に完成ということにしました。それでは簡単にですが経過を振り返ってみます。

 

1日目。梅の様子

漬けた次の日は,全体的に梅に砂糖(キビ砂糖)が絡んでいるような状態で,瓶をゆらすというよりひっくり返してました。黄色い梅は発酵しやすいため,なんとか早く溶けるようにしないといけないと思い1日3回くらい瓶をゆらしていました。まだ発酵の気配はありませんでした。

 

4日目。梅に変化が

毎日丁寧に瓶をゆらしてきましたが,ついに表面に白い泡がたくさんでてきてしまいました。これは発酵したためだと思われます。

f:id:mygreenhome:20170616165524j:plain

瓶の底に砂糖がたまってしまっていますね。キビ砂糖なのでシロップが黒いのは大丈夫です。発酵してしまったので,ふたを開け酢を投入しました。ふたを開けると《プシュッ》という音がしました。これが発酵している証拠です。アルコールのようなにおいがしました。

この時点で鍋に入れ火をかけ発酵をとめるという方法があるようですが,とりあえず酢を入れたので様子見。発酵しやすいことはわかっていたので,途中で入れるくらいなら最初から酢を入れておいた方がよいかもしれませんね。

 

6日目。砂糖が完全に溶ける

完全に砂糖がとけました。

f:id:mygreenhome:20170629115202j:plain

瓶を開け,においをかぐとやはりほんのりアルコールのような香りがします。ですが,そこまでキツイ香りではなかったのでもう少し様子をみることにしました。まだ一週間もたっていないのでもう少し梅のエキスが出るかな?と思ったからです。

 

 

8日目。完成

f:id:mygreenhome:20170629115128j:plain

 

早く飲みたかったので,完成!ということに(それでいいのか?笑)
1~2週間で完成らしいのできっと大丈夫でしょう!

子どもと一緒に飲みたいので,完成した梅シロップを鍋に入れ,弱火でゆっくり加熱し,アルコールを飛ばしました。この方法だとせっかくの香りが飛んでしまうという話ですが仕方ないですね。

f:id:mygreenhome:20170629115326j:plain

 

 

検証結果

黄色い梅とキビ砂糖で作った梅シロップは,普通においしかったです。シロップはとろっとしていて酸味が少なく,子どもは飲みやすいようでゴクゴク飲んでいました。酸味が苦手な方は黄色くなりかけた梅で酢を入れて作るのがいいかもしれませんね。

火を入れてアルコールを飛ばしましたが,香りはちゃんと残っていました。

f:id:mygreenhome:20170629114427j:plain

去年,やや作りすぎてしまったので,今年は少なめにしたら少なすぎました(笑)
かなり飲みやすいので,子どもの夏休み前に飲み切ってしまうかもしれません(笑) 
黄色い梅で作る梅シロップもおいしいということがわかってよかったです^^

 

しかし夫は酸味の利いた梅シロップの方が好きらしいので
来年は青梅で作ろうと思います(苦笑)