ミドリノイエ

大好きなみどりをアクセントにした2LDKのマイホーム。断捨離、整理収納で暮らしやすい家づくり。

大切なのは「今」。思い出は厳選して管理する。

 子どもが生まれ,写真をたくさん撮るようになりました。たまに写真を見返すことがありますが,見返す写真は子供の写真ばかり。過去の自分の思い出写真はだんだん見返すことが少なくなりました。

 

持ちすぎていた過去の自分の思い出写真 

昔の写真は見返すと懐かしいし,昔の思い出に浸るのも楽しいものです。でもそんなにたくさん必要でしょうか。私はちょっと持ちすぎていました。

 

▽▽現像したもののあまり見返すことがない写真たち

f:id:mygreenhome:20170517091548j:plain元々は無印のアルバムに入れていた写真なのですが,子供の写真を現像し,そちらを入れるためにすべて出され,ジップロック管理に格下げされた過去の私の思い出たちです(笑)そんなに多くないと思っていたのですが,まとめてみると結構量がありました。

 

思い出は決められたスペース内で管理する

昔の写真,一人暮らし時代の祖父母や両親からの手紙,年賀状,大事にしている小物などはすべてボックスに入れて管理しています。今使っているものではないので本来ならば断捨離すべきものなのですが, 特に亡くなった祖父からの手紙は大事な宝物。捨てられません。そういう私個人の《思い出BOX》を持っています。思い出BOXにおさまる程度で思い出は管理しています。

その中で写真がかなり幅をとっていたので,一度見直すことにしたのです。

 

思い出写真をすべて見なおした結果

残したい写真と,もう処分してもいい写真を仕分けしました。

▽▽手放した写真(左)と残した写真(右)

f:id:mygreenhome:20170517091636j:plain

だいぶ減りましたね。(笑) データとして残っているものもあるし,似たような写真も多かったです。1イベント1枚として思い出を厳選してみました。捨てるときはちょっと心が痛みましたが,これを書いている今はすっきりした気分です。

 

なぜ過去の自分の写真を見返すことが減ったのか

それは,自分の大切なものの優先順位が変わったからだと思います。独身の頃は自分と周りの友達が大切でした。結婚して子供を産んでからは,家族が一番大切になり,優先順位がググッとあがったんです。自分個人の思い出よりも家族の思い出をより大切にしたい。より良い状態で管理したい,という気持ちから,家族の写真はアルバムへ。個人の写真は思い出ボックスへ。となりました。

 

おわりに

写真を捨て,思い出を厳選したからといって,自分の頭の中にある記憶と思い出はなくなりませんよね。ただやっぱり,なにごとも優先順位というものがあって,年をとるにつれて大事なものは変わっていきます。過去を大切にしながらも,一番大切な今の暮らしがより良くなるように,自分の持ち物や,暮らし方を見直していきたいと思います。